様々な給湯器

先に決めること

給湯器もガス給湯器の交換時期を見極めるのは難しい問題です。ですが、何も知らずに放置しておくと故障してしまうこともあります。故障すると、修理をするのにも時間がかかりますし、危険が伴うこともあります。故障中はお湯を使うこともできないので生活環境も悪くなってしまいます。給湯器は10年~15年くらいで寿命を迎えてしまうことがほとんどです。10年以上使用しているのならば、交換する時期かもしれません。給湯器を交換する前に給湯器の種類などを調べておくとかなりスムーズにことが進みます。種類が多いので、前もって決めておくことで判断する時間にゆとりを持つことができるようになります。焦って買うと思わぬミスが発生してしまうこともあるので、給湯器の交換を考えたらならば早めにアクションを起こしましょう。

給湯器の種類は大きく分けて3種類あります。もっとも一般的な配置の仕方と言われている屋外壁掛型給湯器があります。名前の通り屋外の壁に取り付ける方法です。集合住宅のように家の感覚に余裕が無い時などに向いています。一軒家に多い設置方法として、屋外据置型給湯器があります。浴室の外に隣接して配置されていることが多いので、庭などがある家屋に最適です。また、地震に強いというメリットもあることから災害地などでも活躍することができます。屋内壁掛型給湯器という方法は、屋内の壁に設置します。排気筒を利用して給排気を行なうことができます。家の構造によって向き不向きがあるので、交換前にはどれが適切という判断から始めた方がよいです。配置タイプが決まれば種類や号数、交換方法などもすんなりと決まりやすくなります。後は、ホームセンターや専門業者に依頼して交換してもらいましょう。

予算に合わせ買い替え

給湯器は消費物であり交換が必要になる時がきます。金額は20万円代のものもあれば、90万円ほどいくものもあります。エコジョーズはガス方式となっており、エコキュートはヒートポンプ技術を利用しています。

» もっと読む

専門業者に依頼を

給湯器買い換えで交換するときは、インターネットなどで業者を確認すると良いです。専門業者に依頼をするとリーズナブルに済むことがあります。さらに質の高い工事をしてもらうこともできます。

» もっと読む

給湯器の種類

給湯器の種類はいくつか存在するが、最も多い給湯器はガス式になりってくる。ガス式の場合は床暖房も兼ねているタイプも存在し、近年では効率的に住宅を温めるシステムがガス給湯器によって行われている。

ページの上部へ